筋肉トレーニング

私のこれまでの体調不良とともに、自分にできることから選択して体を維持することから納得できる筋肉トレーニングの仕方について話したいと思います。

30代で半月板損傷ということがわかりました。レントゲンでは見えず、内視鏡検査でわかりました。その検査だけで取り除けば老人と同じ人工関節に早々なってしまうので、筋肉トレーニングのリハビリを始めて教わりました。内視鏡検査だけでいじられた筋肉は弱り、ふにゃふにゃで少しずつ足の上げ下げから、負荷をかける動きで普通に戻ることがわかりました。自宅でできるチューブ仕様のもので十分関節を維持できることがわかりました。

その後、40代でリュウマチになり、薬で変形は止められたものの更年期と両方で苦しむことになりますが、芸(音楽と、絵を描く)や剣道、弓道、狂言、リコーダー、雅楽という流れで次々に乗り越えていけました。体を大事にしすぎると筋肉が衰え脂肪がつくので、剣道の素振りで上半身を鍛える(姿勢を正し、ゆっくり上下運動で脇を上げ下げするだけでも勝手に腹筋、足腰の安定)、もう少し弓道は大の字の姿で姿勢良く弓を打つ事から後ろで誰かにしっかり支えられているような安定感から素直に引けばしっかり矢を射る事が出来ます.
着物買取で福岡の業者ならこちら